福祉 賃金

低賃金なところが多いですが、様々な要因での上乗せはあります

 福祉の仕事における賃金は低い傾向にあります。
それは、国の予算が増え行く社会保障費の対応に追いついていないことが要因の一つとして挙げられます。
賃金が低い傾向にあるのも影響し、福祉の仕事は人手不足であることが言えます。
 しかし、どういう事業をおこなっているか、都会か田舎か、どういった規模の事業所かによって大きく変わってくることも事実です。
また、職種や資格の有無によっても変わってきます。
規模の大きい高齢者事業所、都会であると賃金がある程度確保されている傾向にあります。
また、この業界は資格手当がつくことが多いです。
具体的なものとして、社会福祉士等の国家資格が挙げられます。
つまり、資格を持っていれば給料面に反映されやすいことが言えます。
ただし、資格手当に関してはその職場によってもらえる資格の対象やもらえる額が変わってきます。
 また、この業界は経験がものをいう業界なだけに、現場経験が長いとその分もらえるところが多いです。

Copyright© 福祉 賃金 All Rights Reserved.