福祉 賃金

福祉関係で賃金を上げて採用されるには

「福祉関係で仕事をしている」と言うと、大体の人は「薄給なのに力を使う仕事で大変」というイメージを持ちます。
もちろん、実際に薄給で大変な思いをしながら仕事している方も世の中には多くいらっしゃいます。
しかし福祉関係の仕事でも上手くすれば、人よりも高い賃金で採用されることが出来ます。
以前「ホームヘルパー」と呼ばれて主婦の方のパートでも人気のあった、今では「介護職員初任者研修」「介護福祉士」と言われている資格です。
この資格を持つことで、老人施設や上手くいけば病院で正社員として勤務することが十分に可能な職種です。
そして少子高齢化が進んでいる今、その採用者は非常に多くなってきています。
そして意外と資格を持たずに働いていることが多く、採用されてから正社員を目指して勉強を始める方もいますが、まず資格を取ってから正社員の道を探すことをお勧めします。
というのも入職してからだと勉強する時間も取れず、資格が取れても新入社員と同等の賃金からのスタートにされることが多いからです。
資格を取ってから入職すると、面接のときに「この資格があるから」と採用でも給与面でも優遇してくれることが非常に多いです。
資格取得には実技も必要になりますが、賃金アップを目指すには十分に有意義な資格なので挑戦することをお勧めします。

Copyright© 福祉 賃金 All Rights Reserved.