福祉 賃金

すべてが低い訳ではありません

 福祉の仕事における賃金は一般的に他の業界よりも低いとされています。
勿論、退職金や賞与が確保されていない正職員の求人さえ存在するのも事実です。
しかし、すべての福祉の仕事における賃金が低いというわけではありません。
 公益性の高い事業所は公務員並みの給与をもらうことができます。
具体的な例として、社協が挙げられます。
また、利用者が多く確保されているところも給与が貰えます。
というのも、その事業所のサービス利用料(利潤を目的として運営されている事業所は除く)によって行政から補助金が出る仕組みとなっています。
そのため、利用者が多ければその分その事業所の予算も多いことが言えます。
特に、知的障害者施設や高齢者施設などに多く、いくつもの多くの事業所を持っている法人ほどその傾向にあることが言えます。
他に、大手有名会社の福祉職求人も給与がある程度確保されている傾向にあります。
 このように、すべての仕事が賃金が低いわけではないことが言えます。

Copyright© 福祉 賃金 All Rights Reserved.