福祉 負担

福祉に関わる膨大な費用を誰が担っていくのか

サラリーマンなら40際を超えると毎月の給与明細から介護保険料が強制的に徴収されていきます。
個人事業者は直接的には支払ってはいないのです。
不公平な制度でもあるのですが、一体どれだけの人が確実に介護保険料を納めていてその保険料は滞り無く、無駄なく使われているのか疑問に思います。
若者の減少によって労働人口は減って行くばかりです。
正比例で介護保険料徴収も減っていきます。
半永久的に運営できる訳も無いのです。
老人と同居して暮らしていると年金が毎月のように入ってきて有り難いと思う機会はあります。
しかし老人や福祉に頼らなければならない要介護者が居ない家庭ではただ単に徴収されるばかりで本当に自分が介護される立場になった時に見返りがあるのかどうか不安になります。
長い間運用資金を負担し続けていても掛け捨てである可能性は大きいのです。
ですが大勢で支えて行かないと現状でも運用が困難で誰が不自由な人達をサポートしていくのか、他人任せで「見て見ぬふり」は絶対に許されないことです。

Copyright© 福祉 負担 All Rights Reserved.